Dentistry

土日診療で相談もしやすい南森町の歯科に行けば口腔トラブルも解決

虫歯は痛いが歯科の治療はもっと痛い?

誰にでも起こりうる虫歯のリスクを抑えるためにも歯医者はなくてはならない存在ですが、中には歯医者が嫌いだという人もいます。歯医者で行われる虫歯治療は小さいものであれば基本的には麻酔を打つようなことはなく、そのままの状態で行われます。そのためどうしても多少の痛みを感じてしまうことがあり、また歯の痛みというのは神経に作用するため頭や体の内部に直接響くような独特の痛みでもあります。
さらに治療の際に使用される器具の音も恐怖を増幅させ、それが歯医者を敬遠してしまう一因でもあるようです。しかしだからといって虫歯を放っておくとさらに痛い思いをすることになり、最悪の場合には歯を失うことにもなりかねません。虫歯の治療は軽ければ軽い方が治療での痛みも少なくて済むのです。
歯医者が嫌いだからといって虫歯をぎりぎりまで放置するようなことは、結果としてさらなる痛みを招くことになります。虫歯の治療で痛い思いをしたくないという方こそ定期健診を行ない、歯医者で定期的に歯の状態を確認してもらうようにしましょう。そうすることで虫歯になりそうな歯を事前にチェックすることができ、また虫歯になりにくい歯の状態をキープすることができます。

記事一覧